30代でもなりうる更年期障害の症状とは

中高年だけではなかった更年期障害!

中高年になると更年期障害になると言われていますが、そもそも更年期障害とは何なのでしょう?
女性ならではの病気ですね。

 

そんな思いから中高年になりたくないと思われるかもしれません。
ですが、20代〜30代でも更年期障害になることを知っていますか?

 

更年期障害とは?

 

年齢を重ねていくうちに女性ホルモンのバランスは変化していきます。

 

 

50歳近くなると月経が閉経をむかえるため、卵巣の機能が低下し、女性ホルモンが減ってしまいます。

 

そのため、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が急激に減少し、症状があらわれます。

 

この時に起こる様々な症状を総称して更年期障害とよびます。

 

また、日本の女性の平均の閉経年齢が50歳前後なことから、50歳をはさんだ前後10年間を更年期障害といわれています。

 

症状はどんなもの?

 

更年期障害の症状には個人差があり、どんな症状なのか、症状の軽さや重さなど人それぞれなのです。なかには、症状がほとんどない人もいるようです。
そこで代表的な更年期障害の症状をまとめました。

 

・汗をかきやすい、ほてる
・記憶力や判断力の衰え
・イライラしやすい
・憂鬱な気持ちになる
・寝つきが悪い、眠れない
・耳鳴り、頭痛、めまい
・動悸、息切れ
・吐き気や腹痛
・手足が冷えやすい
などの様々な症状があります。

 

若くても更年期障害になる?

 

実は、50歳前後でなると言われている更年期障害ですが、20歳〜30歳代でもなることを知っていますか?

 

ストレスからくる自立神経失調症や、月経前症候群からくる症状が更年期障害と似ていることから若年性更年期障害とよばれる病気があるのです。

 

ストレスや無理なダイエットをすることで自立神経が乱れ、卵巣機能が低下し更年期障害と似た症状があらわれるのです。

 

若年性更年期障害になりやすい人は?

 

若いから誰でもなるわけではないこの病気、ストレスや月経前症候群だけでなく、他にはどんな人がなりやすいのでしょうか?そんな、若年性更年期障害になりやすい人はどんな人なのかをまとめました。
・タバコを吸う人
・まじめ、几帳面な人
・太りすぎ、または痩せすぎな人
・激しい運動をする人
・生活が不規則、食生活に乱れがある人
・自立神経が弱い人
このような人がなりやすいと言えるでしょう。