年配になってから不眠気味になったことについて

加齢による不眠などの症状について

 

「年配になり眠れない状態が継続する」場合の加齢や更年期との関係性、格段、女性に多い更年期うつとの関連性についても解説しています。

 

年齢と同時に眠りが浅くなり、起床時間が早まるのは当然のことで、加齢と同時に不眠は周囲に理解されづらいのが現状です。

 

格段、更年期の辛さは他人には理解してもらえづらいので、余計にストレスが滞りがちになり不眠症が酷くなったり、更年期うつなどの症状を惹起することもあります。

 

加齢・更年期の不眠症状

 

「加齢するごとに日増しに眠れなくなった」「朝早くに目が覚めるようになった」というタイプの不眠はよく見かけます。

 

10から20代は一般的に寝つきがよいと言われていますが、30代になると深い眠りが取りにくくなり、40代では睡眠に対する満足度が著しく低下します。

 

50代以上になると、何らかの睡眠障害を喚起する事件が多発します。

 

女性の場合、更年期(閉経をはさむ前後10年間)に不眠の症状を主張することが多いです。

 

早朝、起床しがちになり眠りが浅くなる

 

手足が冷え簡単に眠れない

 

夜間に突如のぼせる(ホットフラッシュ)

 

寝汗が原因ですぐ目が覚める

 

閉経後の人は、睡眠障害が増えて行く傾向にあり、不安や焦り・更年期うつなどの症状が関与した場合、よりいっそう不眠の症状は重くなります。

 

原因について

 

加齢と共に不眠の症状が増えてくるいくつかの原因を挙げてみます。

 

日中の運動量の低減

 

生活周期の変貌

 

メラトニン分泌量の低減

 

持病

 

頻尿

 

服用中の薬の悪い影響

 

といったものが挙げられます。

 

さらに、女性に多く見られる更年期も不眠の原因です。女性ホルモンであるエストロゲンは睡眠と深い関連性がありますが、更年期には、この量が急激に低減します。すると、エストロゲンの分泌を司る視床下部が騒乱し、自律神経のバランスまで崩壊してしまいます。

 

ホルモンバランスの他にも、身体の変化・家庭環境の変化(子育てが一段落する・夫の定年)・体内時計の変化・親の介護など、更年期に頻繁に見られる問題も不眠の トリガーとなります。