もしかしたらその症状は更年期かもしれない不安感の見極め方

更年期の前症状について

 

更年期の大体の目安は45歳から55歳とされています。50歳で2人に1人が閉経すると言われています。
更年期とは生理がなくなることが一番わかりやすいのですが、生理不順は不規則な生活、心因性、自律神経の乱れなどからでも発症するため、なかなか更年期の線引きは難しいです。

 

そのため婦人科では、前更年期、またはプレ更年期という時期を考慮した診察がなされています。私もその治療を経て、現在進行形です。前更年期とは、卵巣がゆっくり更年期へとシフトしていく時期です。
この時期に、体の変化が訪れます。

 

心因性なのか更年期なのか

 

卵巣が老化の準備期間に入るとエストロゲンが低くなる準備のため体のあちこちに症状が出ます。
この時期が前更年期です。だいたい43歳前後でなんだか以前より集中できない、肩こり、頭痛、気分が沈みがちになります。

 

細かな症状は個人の性質、体質によりますが、30歳すぎてホルモンバランス変化のころに似ているので、そのころの症状がさらに加速する感じでゆっくり出てきます。
年齢的にも40代だからとまだ30代の生活速度のままですと、なんだか仕事に集中できなくなり細かなことがおおざっぱになる、味覚が変化してきた、疲労回復が遅い、白髪が増え、抜け毛が気になる、生え際が目立ってきた、風邪をひきやすい、免疫力が落ちてきたなど、少しずつ変化してきます。

 

この段階で更年期ではありませんが、この前更年期が重要なのです。
心因性との見極めがつきにくく、自分は頑張っていない、前向きにならなくてはとあがいてしまう時期です。
体は更年期にむけて準備を開始しているという意識をもって、45歳、更年期にはいっていく準備を自分で作っていきます。

 

更年期はがまんするものなのか

 

昭和30年くらいからピルが導入されてきて、まだ女性はピルに対する知識、意識があまりありません。
更年期は昔から民間療法で、祖母も母も我慢して、つらそうでした。それが更年期なのだという流れがいまだ強いため、更年期外来を受診される女性は少ないと言われています。

 

45歳を迎えると、内科、婦人科、心療内科などでは年齢を考慮することが増えます。
これは一概に、大丈夫でしょうといえない年齢に差し掛かってきたというバロメーターです。

 

45歳から48歳くらいは急速にエストロゲン低下が始まってきて、体はあちこちに症状が出ます。
眠れない、疲れている、しゃきっと元気が出ない、暖房の部屋でのぼせる、吐き気、頭痛、寝汗がひどい、じゅわっと汗が出る、

 

足の反射神経が遅れる、度忘れをする、食欲不振、皮膚がかゆい、感情的になりやすくコントロールができないなど、症状だけでも多岐にわたります。

 

それを、更年期だから仕方ないと寝込んでしまったり、家族に八つ当たりしたり、心身の不安定さを引き起こします。

 

自分もつらいですが、家族も大変になります、更年期外来では、一日がたちゆかないことをサポートして治療することとされています。
更年期だからこそ、年齢に合わせた生活と症状の改善工夫、治療を受けることなど積極性が必要です。

 

更年期の不安感って具体的にどうするの

 

厚生労働省が更年期公式サイトを掲げていてそれが目安です。私も実際まわりの女性は婦人科で治療していないものですから、つい自分は更年期なんかで騒いでいるんじゃないか?我慢しなければなど自分を責めてしまいました。

 

まず実行したのが食事です。野菜を多くして、乳製品、ミネラルを豊富に、肉は野菜の半分以下の対比にして、炭水化物を取りすぎないこと。
甘いものを控える、飲酒を控える、規則正しい食生活。
ビタミンACEプラスタンパク質で、コラーゲンが生成されます。このACEを基準に作って食べました。
腸内環境がきれいになって、免疫力が高まります。これらは老化していく体を栄養素で助けていくのです。

 

次に運動。無理なく続いたのが散歩でした。インターネットに散歩写真を掲載する目的で、花や木々、空、などを感じて歩きました。これは朝、起きて朝陽を浴びる、午前中の空気を吸いながら、自然を感じます。自律神経の調整に効果がありました。
ただ、あるかなきゃ!と思ってもなかなか億劫になってしまって、そこで写真を撮るという目的や楽しさに助けてもらいました。

 

次にお風呂の効果です。これは午前中、有酸素運動をして少し汗ばむくらいで毎日歩き、お風呂は夜です。シャワーですますことが多かったのですが、お風呂の湯舟につかりことでリラックスが促されます。疲労回復、足元冷え性が改善されて、よく眠れました。
また体温が一度上昇すると免疫力が大幅に上がります。すきな香りの入浴剤で香りの効果も併せて外側から更年期のつらさをやわらげ、助けます。

 

まとめると、食生活、規則正しい生活、適度な運動、心地よい睡眠です。

 

更年期って検査はあるのか

 

更年期は現代医学では血液検査で簡単にわかります。ここで婦人科の検査はどういったことをするのか
43歳くらいでも、更年期外来で問診にいっていいのです

 

私は45歳で受けました。まず内診検査では子宮がん検診のときに子宮の大きさ、筋肉、壁、卵巣の大きさ、状態など検査します
閉経に向かって、卵巣も小さくなっていくのです。

 

 

次に問診で、日常のつらさを話します。ここで更年期問診項目は五段階に分けて答えます。かなりの項目が細分化されていて、その答えを先生が集計して、どのくらいの段階かを出します。
私は、日常、卵巣に助けを与えないと、生活できない段階でした。

 

平行して、血液検査をしました。45の段階ではエストロゲンがまだ豊富で更年期ではない。しかし前更年期がみられる問診表から、
卵巣をたすけるため、低容量ピルが処方されました。

 

ピルは更年期の治療に処方されることがありますが、更年期であっても、そうでなくても保険適用外のお薬があります。

 

まとめ

 

イライラや不安感は卵巣が閉経に向かって準備している過渡期に見られます。

 

心因性や性格だという決めつけはとても苦しいです。体は段階を経て、シフトしていきます。

 

対症療法をしつつ、婦人科でホルモンを処方されると、あっという間に気分の落ち込みが無くなりました。

 

副作用も十分に考慮して、生き生きした更年期を送るために体の変調を見逃さないことが大事です。