女性なら誰もが気になる便秘!解消はないのか検証

気になる便秘!なんとか解消できないの?

 

女性は生理の関係でプロゲステロンが活発に分泌される黄体期(高温になる期間)になると、子宮粘膜を着床しやすい状態にするために、体内水分を保持し、食欲を増進させます。

 

むくんだり、便秘になって、「なんだか脂肪がついたなぁ。」なんて感じるのはこのためです。

 

とはいえ、なるべく快適に過ごしたいもの。

 

それでなくとも普段の生活において、家事に仕事に子育てにと多忙すぎて、とか、外出先で我慢してしまって、などなど女性は便秘になりやすいものです。

 

そこで、便秘に効果のある食べ物や習慣を日頃取り入れることをここで提案いたしましょう。

 

多忙な中でも睡眠は効果的にとる

 

皆さんはしっかり朝型ですか、それとも仕事上夜型ですか?
どちらでもよいのです。自分のペースをつくりましょう。

 

朝方生活を通常としている場合は、大腸が朝方5時から7時までは活発に活動する時間帯です。
夜型生活の場合は眠る時間帯にもよりますが、それでも午後になってしまうと腸が休んでしまうようです。なるべくお昼までに起きるのが良いでしょう。

 

そして睡眠時間ですが、40代なら長くても8時間、と思っておきましょう。
あまり長くて眠すぎるとリラックスさせる副交換神経の働きが続き、はりきり元気モードにスイッチする交感神経とのバランスがとれなくなります。腸がずっとお休みしてしまい、これが便秘のもと、となる場合もあるのです。

 

最適なのは6?7時間。昼間に身体をなるべく使って、その時間内で快適に眠れるように工夫しましょう。
またはしっかり眠ることにそんなに神経質にならなくても、睡魔が来るのは自然な身体の促しなのですから、それを待っても大丈夫ですよ。
それでも眠る時にしっかりカームダウンしたいなら、アロマオイルなどを生活にとりいれ、またリラックスのためには身体を温めましょう。眠るため、起きるためにとケミカルな薬は使わないことです。免疫が鈍ってしまいますからね。

 

朝起きて身体を動かし、水分を摂る

 

朝起きたら、さあ、交感神経の出番です!

 

前屈をし、次に背中を反らし、首を前後左右にゆっくりと傾け、腕を前後に振って肩甲骨をゆるめてから、腹筋を引き締めおへそを持ち上げてしっかりキレイな姿勢をとってみましょう。

 

軽いストレッチが済んだら、
海塩を小さじ一杯いれ、蒸留水かミネラルウォーターを約コップに一杯分ほど入れて火にかけ、約5、60度ぐらいのお湯にします。
それをまた蒸留水などで割って人肌、またはごくごく飲んで「美味しいなぁ」と感じる程度の温かさにし
「快腸!快便!」おまじないを唱えて、一気に飲みましょう。二杯飲めたら完璧です。

 

緊張状態をつくる

 

大腸が動くのは交感神経が活発に働くからです。緊張すると、お腹がいたくなりますよね。その状態を意識的に起きたあとに作ってあげることです。

 

上記のストレッチや海塩を入れたお湯を飲んだ後は、
軽くパソコンなどに向かってお仕事するのもよいかもしれません。

 

電磁波を浴びるのは決してよいことではないのですが、身体が電磁波から守ろうと緊張します。うまく活用するのも有りかもしれません。
その場合は後でアーシングしましょう。海辺の砂浜や朝露の草原、土の上や草の上で裸足になるのがよいのですが、そうでなければ畳の部屋を裸足で歩いてもよいようです。

 

本屋に行って印刷の匂いでお腹が…なんて経験も本から、あるいは印刷物から発される何らか刺激が緊張状態を作るからでしょう。

 

自分なりに、どんな時に緊張するのか、普段から探ってみるのもよいかもしれません。

 

ローチョコレート、ココナッツオイル、オリーブオイルなど、良いスウィーツ、油脂を摂る

 

ローチョコレートはチョコレートの中でも、発酵、乾燥したカカオを焙煎、煮詰めて作る際に45度の低温でつくられるため、カカオ本来の栄養が損なわれません。
そして白砂糖も使われないので、身体に優しく、その上カカオが持つ整腸作用でお通じをよくしてくれる、絶好のスウィーツです。ぜひ日常に取り入れてみてください。

 

腸の働きに良いといえば、オイルにも注目しましょう。
ただしオイルで注意する点は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があるということです。

 

飽和脂肪酸は動物性油脂に見られるように温度が低くなると固まります。これは炭素同士の結びつきに二重結合と呼ばれる分子構造が無く、化学的に安定しているからです。
植物油で唯一、飽和脂肪酸、白く固まるのがココナッツオイルなのです。
酸化しづらいので透明な瓶に入っています。

 

またマーガリン、ショートニングなどは不飽和脂肪酸である植物油に水素を添加することことで固めていて、酸化しづらくはさせているのですが、
これはトランス脂肪酸とよばれる複雑な分子構造を作り出し、身体に負担をかけます。なるべく摂らないよう心がけましょう。
スウィーツやパンにはよく使われていますので原材料表示をよく確かめ、気を付けてくださいね。

 

最近のココナッツオイルにも安いものは水素添加がされているようです。
必ず信頼のおけるオーガニックを選ぶことをお勧めします。

 

このように酸化しやすい植物油なら、まず注目したいことのひとつにオーガニックのオリーブオイルなど、酸化しないようしっかり遮光瓶に入っていることがあります。
オリーブオイルは植物の栄養そのままなので、名だたる長寿の方々がスプーン一杯、毎朝飲んでいるようですよ。

 

ツボ押しや軽いマッサージをする

 

とても効果的なのは足の裏の中程。ここの痛気持ちよいところを普段からほぐしてあげましょう。お風呂で身体を洗う時に、などついでに行ってもよいと思います。

 

足の三里、膝下の指4本分下がったあたりの痛気持ちよいところを外側に向けてやや強めに親指で押してあげるのも胃腸の働きをよくします。

 

また肩凝りや肩甲骨の凝りなどが影響する場合もあるので、手指、とくに親指と人差し指の付け根あたりの痛気持ちよいところを押してあげたり、
手首から腕の付け根までを揉みほぐしてあげることも効果に繋がるでしょう。

 

 

どうですか。なるべくすぐに実行できそうなことばかりをあげてみました。
毎日を気持ちよく過ごすための快腸習慣として、ぜひ試してみてくださいね。