1日30分の運動で誰もが変われる!おすすめの運動は?

一日たった30分の運動で人生が変わるかもしれない!

「生活習慣病とは悪い生活習慣の繰り返しにより惹起される病気のこと」と言われても、このご世の中、そして現在の時代は、普通に色々努力して日々生活していても、色んな体の不調は出てしまうと思います。

 

そんな状況の時、少しだけ運動することによって、多種多様な悩みが解決することもあるのかも知れません。

 

そこでこの場を借りて「一日たった30分の運動を行うことによって人生が向上して行く」についての説明をしたいと思います。

 

今流行の言葉、もう一つの「ニート」について

 

もう一つの「ニート」? とはいったいどのような意味を持っているのでしょうか?そして、どのような問題を周囲に訴えかけているのでしょうか?

 

ところでいきなりですが、「ニート(NEET)」という言葉をご存知ですか?

 

この言葉の意味について 「学校にも通っていないし、働いているわけでもない若者達のこと、いわゆるプータローのこと」と回答した人は、当然、その答えは正解ですが、

 

実はもう一つ生活習慣病予防にとって大変大事となっている「ニート(NEAT)」があります。これは「non-exercise activity thermogenesis」という英語の略です。

 

簡単に言うとニート(NEAT)は「ランニングやジョギング、あるいは水泳といったきちんとした運動ではなく、立っている姿勢を維持したり、座ったり立ったりするような日常生活の平凡な動作をする時に発生するエネルギーのこと」です。

 

ちなみに、太っている人はやせている人と比較すると座っている時間が長いと言われています。

 

ニートと肥満は密接な関係がある

 

2005年、メイヨークリニックというアメリカの病院が、「太っている人はやせている人と比較検討してみると一日計算で、150分間、座っている時間が長い(350kcalに相当)そうです」。つまり、「ニートがローかハイであるか」が肥満問題の関係に大きい影響を投げかけていると考慮される」という発表をしたそうです。

 

ただ、これは「 物臭だ」というような気持ちの問題の範囲ではなく、例えば脳の中の神経伝達物質という類の問題に大変関連性が深いに違いないと想像されます。

 

どうしてかというと、太った人が食事制限して痩せた場合、座っている時間は長いままで、スリムな人に食事を増やしてなんとかがんばって太ってもらったとしてもも、座っている時間は短いままだったからでうす。

 

けれど、そうは言っても、一日に350kcalといえばご飯約2膳分です。意識して、こまめに動くということがとても大切なことだと思います。